見事に合格できた

e-live

私は、中学二年生からずっとこの高等学校へ行きたいと思っていた。しかし、あまりにも偏差値が低すぎて入れる気がしなかった。

e-Liveには小学六年生から入った。まだ入ったころは数学も英語も全然できなかった。しかし、ある事で私の気持ちが変わり始めた。中学一年生の時に、e-Liveの担当の先生に様々な事を教われたからだ。定期テストなどの勉強をどうしたらよいか、高等学校に向けて何をするべきかなどの話だった。また、普段教わっていた先生にも、計算ミスを減らす方法や一点でも点数を上げるためのアドバイスを沢山もらった。これらのアドバイスを受け、だんだんとこの高等学校への道へ近づき見事に合格できた。もちろん、日々コツコツと努力し自ら、頑張った結果だと思う。しかし、先生方のアドバイスなしでは、なし得なかったことだろう。最後に一言いいたい。努力は必ずむくわれると。高校生になっても努力し続けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です