私は、自分で問題を解いていてわからない問題や、わからない単元をe-Liveの先生に教えてもらっていました。

私は、自分で問題を解いていてわからない問題や、わからない単元をe-Liveの先生に教えてもらっていました。有名大学の附属高校の過去問も、先生はわかりやすく教えてくれました。また、わからなかった単元のプリントをくれたり、わかるまで優しくていねいに教えてくれました。そのおかげで、今まで問題を見ると、それだけで(ここできない単元の問題だ。やだな。)と思っていたものも、受験が近づいていくにつれて、そういう単元も徐々に減っていくのがわかって、やりがいにもつながりました。私の夢は教師になることです。私の夢がもし、叶ったら、私はe-Liveの先生のようにわかりやすくていねいな授業をしたいです。三年前に、Y先生に教えてもらう先生選んで良かったです。本当にありがとうございました。

私が受験生活で一番きつかったのは、受験の1日目が終わったときでした。自分で答え合わせをしていると(よし。結構できたぞ。)と思って家に帰ってきたのにだんだん不安になってしまいました。インターネットで調べてみると推定合格点には約二十点も足りず、余計にショックを受けました。そんな中、うちに来てくれたのが担当の人でした。話を聞いてもらって、気分が楽になりました。

翌日の面接は自分で思った以上にできました。しかし発表までの八日間はとても長く、不安でしたが、無事、合格することができました。e-Liveの先生や担当の方たちに支えられてつかんだ合格がとても嬉しかったです。四月からは富士高生として頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です