無事に浜松北高校に合格でき、e-Liveの先生方、そして講師の先生に感謝しております。 - e-Live全国公式HP

無事に浜松北高校に合格でき、e-Liveの先生方、そして講師の先生に感謝しております。

無事に浜松北高校に合格でき、e-Liveの先生方、そして講師の先生に感謝しております。

中学3年になり、高校見学や学校祭等に行くことになり、何度か行くうちに自分の行きたい高校が決まって行きました。そして、その思いもだんだんと強くなっていった様です。

夏休みにe-Liveでの面談がありましたが、長時間、熱心に夏休みの過ごし方の計画等々、お話しいただき、本人のやる気を引き出して頂きました。夏休み中はタイムスケジュール通り、本人も頑張ることができ、休み明けの学調ではまずまずの成績でした。

しかし、2学期、その気持ちが途切れ、12月の学調では前回をかなり下回る成績となってしまいました。そのため、第一志望を浜松北高、第二希望を浜松市立としていたものの、学校での三者面談で、学校の先生からは強く市立高校を進められましたが、市立に行くなら北高に落ちて私立の聖隷に行きたいという思いが強く、本人が首を縦にふることなく、北高を受験することになりました。

私立には、スカラシップ生として合格していたこともあり、少し気持ちに余裕を持って受験ができたのではないかと思います。

e-Liveでよかった点は、まず、講師の先生が静岡県出身だったことです。静岡の高校受験を数年前に実際に経験しているので、良いアドバイスをしていただいたと思います。それから、夏・冬の特訓です。e-Liveは、一般の塾で行っている様な夏期講習、冬期講習ではなく、自ら問題を持参して勉強をし、解らないところを教えてもらうというシステムです。本人のやる気次第なのです。勉強をやらされているのではなく、自らやる。受身の学習ではないのです。

高校・大学とあがっていくと、受け身でいては、ついていくことができなくなるとおもいます。早いうちから自ら学ぶという姿勢を身に付けさせていただけたのではないかと思います。

そして、担当のカイさん、最後まで娘を信じて下さり、ありがとうございました。とても嬉しかったです。

高校受験を体験し、一番大切なことは、「必ずこの高校に行くんだ‼」という気持ちがなければ、受験勉強は長続きしません。そして、その気持ちを芽生えさせるためには、高校見学に積極的に参加し、自分の行きたい高校を早く定めることだと思いました。