【三重県】公立高校入試情報 - e-Live全国公式HP

【三重県】公立高校入試情報

2022年度 三重県公立高校入試 日程

推薦入試:2月2日、3日
一般入試:3月9日
追試験:2月9日(推薦入試)、3月23日(追試験)
追々試験:2月17日(推薦入試)

三重県公立高校入試情報

前期選抜後期選抜に分かれます。

前期選抜は、一部の普通科と、専門学科、総合学科のほとんどで実施され、実施する高校は事前に「選抜において重視する要件」を発表します。
募集枠は、普通科は募集定員の30%以内、普通科の専門コース、専門学科、総合学科50%以内を原則として特色等をふまえて各学校が定めます。
選考は、自己推薦書、調査書と、面接または自己表現、作文または小論文、実技検査、国数英のうち2教科以内の学力検査または総合問題など、学校により実施される検査の結果を総合的に判定して行います。
一部の高校は、前期選抜と同じ日程で、競技を指定してスポーツ特別枠選抜を実施します。
募集人数は高校、募集競技によって異なるが、1競技につき数名となります。

後期選抜は、前期選抜で100%募集する学科、コースを除くすべての高校、学科で実施されます。
募集人数は、募集定員から前期選抜等の合格内定者を減じた数となります。
出願は1校1学科、コースのみだが、同一校に設置する同一課程(全日制、定時制)内の、異なる学科、コースに限り第2志望とすることが出来ます。
選考は、5教科の学力試験と、高校、学科、コースによっては面接または自己表現、作文または小論文、実技検査を実施します。

特定の科目の配点を高くする傾斜配点を行う場合もあります。
選考は3段階で行われ、
第1段階では、まず調査書により募集人員の100%にあたる人数を選び、その中から学力試験と実技検査の合計得点が高い順に募集定員の80%が合格となります。
第2段階では、第1段階で調査書により選考された者のうち、学力試験と実技検査の得点合計が高い順に、第1段階の合格者の数と募集定員の差の半分にあたる者が合格となります。
第3段階では、各学校が事前に示す「特に重視する選抜資料等」を踏まえて、残りの合格者を決定します。
高校、学科によっては、調査書によって選ぶ人数を110%、120%に設定している場合があります。

三重県公立高校入試 出題傾向について

ただいま編集中です…✍

三重県の内申点算出方法

中1 中2 中3
算出方法 9教科
×
5段階評価
×
1倍
合計(満点) 0 0 45

中学3年生のみの内申点が高校入試に関わってきます。
すぐに内申点は上がらないので、1年生の頃からコツコツと頑張っていきましょう!