北海道の高校入試制度

北海道の高校入試制度

北海道高校入試日程(2022年度)

推薦選抜:2022年2月10日
一般選抜:2022年3月3日
*推薦・一般での追試験:2022年3月14日

北海道 公立高校 入試情報

出願変更受付できるのは、一般入試のみとなります。
推薦入試では出願変更ができないので注意が必要です。
1月末の「当初出願状況」をみて、2月初旬までの間であれば、出願の変更が可能です。
出願できる学区は、自分が住んでいる学区にある高校を受けるのが基本だが、一定の制約の中で「学区外受験」することも可能となります。

公立推薦の場合

学力試験は行わず面接や推薦書の内容などで評価します。
学校によっては、「自己アピール文」「英文聞き取り」「英語による問答」「作文」「実技」などが実施される場合があります。
推薦入試に不合格だった際には、一般入試への再出願期間が設けられます。
しかし、推薦入試の面接を欠席した場合や合格内定を得たのに、入学確約書を提出しなかった場合は例外となります。

公立一般の場合

すべての志願者に同一の問題が渡され、学力の試験と内申点を同等に評価して募集人員の約7割を選抜、残りは学力重視、内申点重視などの方法で選抜するが、その割合は学校によって異なります。
二次募集についての再試験は行わず、先に受けていた高校から、二次募集の出願先に、本人の入試結果が送られ、選抜になります。
北海道では道コン、ABCテストなどの実力テストが志望校を決める際の参考になります。中3の1学期でABCテストの範囲が配られる場合が多いので、見ておくと良いです。

内申点について


1,2年生は内申点が2倍の90点満点(45×2=90)、3年生は内申点が3倍の135点満点(45×3=135)となっています。
1年生~3年生までのすべてを合わせた計315点満点で入試時に評価されるので、中学1年生のうちからコツコツと頑張っていくことがとても大事です。頑張っていきましょう!!