【前半】勉強と音楽の関係について

【前半】勉強と音楽の関係について

ひめかは勉強中に音楽を聴いたりするオン?
わたしはよく聴くけど、私のお兄ちゃんは音楽かけてると集中できないって言ってたわ

ふむふむ…ひめかは、勉強中に音楽を聴くことのメリットとデメリットがあること、知ってたオン?
え!? うーん…知らないわ…

それじゃあ、今回は3つのメリットを紹介していくオン!!
勉強するときに音楽を聴くメリットは3つ!

1.集中力が上がる

音楽を聴くことによって、脳内物質の「ドーパミン」が分泌されます。
ドーパミンには勉強に集中できる効果があります。
ドーパミンが過剰に分泌された状態では落ち着きを失ってしまいますが、ドーパミンの分泌が少ない状態であれば、
その分泌量を増やすことで頭がさえて勉強に集中しやすくなります。
また音楽を聴くことで「マスキング効果」という効果もあります。
この効果によって周囲の話し声や雑音を遮断でき、勉強により集中できる環境をつくることができます。

2.モチベーションが上がる

好きな音楽を聴くことには気分を高揚させる効果があります。
勉強をやらなければならないのに、なかなか気が向かなくて沈んだ気持ちになっているときがあると思います。
そんな時は音楽を聴くことでテンションをアップさせることによって、やる気とエネルギーを湧き上がらせる効果が期待できます。
また明るい音楽は眠気覚ましにも有効的です。
そのため眠いけど勉強をしなければならないときに、明るい音楽を聴くことで目を覚まして勉強を行うことができます。

3.リラックスした状態でできる

音楽を聴くことによって、脳内物質「セロトニン」が分泌されます。
セロトニンには人に安心感を与え、気持ちをリラックスさせる効果があります。
そのためセトロニンが分泌されると興奮した神経を鎮めてくれます。
実際の医療現場でも、執刀する教授や助手の看護師がリラックスしてオペに臨めるように音楽が流れています。

次回は勉強をする時に音楽を聴くデメリットを紹介します。

お楽しみにだオン!