【後半】勉強と音楽の関係性について

【後半】勉強と音楽の関係性について

前回は勉強と音楽の関係性についてのメリットを教えたオン!
今回はこのデメリットを教えてくれるのよね?

そうだオン!どんなデメリットがあるか見ていくオン!
1.音楽に気を取られて集中ができない

音楽を聴きながら勉強するとき、視覚と同時に聴覚も使っています。
そのため神経を同時にふたつ使っているため、集中力が分散されて半減してしまいます。
また歌詞のある曲や激しい曲などを勉強をする時に聴くと、歌詞に意識を持っていかれたり気分がのって集中できなかったりします。

2.音楽に依存してしまう

音楽を聴きながら勉強する環境に慣れるのもあまりよくありません。
そうした状況に慣れると音楽がないと集中できなかったり、勉強のモチベーションが上がらなかったりなど、
音楽がないと勉強ができない依存体質になってしまいます。
またこの状態だとテストなどで実力が発揮できません。
実際の授業やテストは静かな環境で、尚且音楽が聴けない状況で行われます。
その状況で音楽がないと集中できないとなってしまうと、そうしたときに実力が発揮できなくなってしまいます。

集中力がなくなってしまうの?!それはまずいわね・・・!

まずいオン、だから音楽はあえて歌ってないものにするといいかもしれないオン・・・。
そうわね、私もそう思うわ!普段と違うクラシック音楽とかを流してみるわ!

とてもいいことだオン!音楽を流しながら点数アップを目指してほしいオン!